食育

 食べることは生きること

 登園では、食を通じて5感刺激し、感性を育て、食に対して関心を持たせることを目的とし、食育に力を注いでいます。

 料理は、手間ひまがかかりますが、「おいしい気持ち」「楽しい気持ち」そして「感謝の気持ち」を子どもたちはこの体験から自然と感じることが出来ます。「食べること」は「生きること」でありクッキングを通して食育活動を行うことは、健全な心身の育成にもつながります。お友達の食べる姿につられて好きな食べ物が増えていくことを幼児期に体験してほしいというのがねらいです。

  具体的には、野菜の栽培、収穫、調理し食する体験、お誕生会のケーキ作り、給食を通し食に対する関心を高めていきます。