コロナとの向き合い方

 2020年3月、1回目の緊急事態宣言が発令され登園も子どもたちの安全のためすべての業務を停止し休園となりました。毎年当たり前のように出来ていた行事が中止なり、子どもたちには残念な思いをさせてしまう事が多々あり大変申し訳なく思っております。

 

 一旦は解除された緊急事態宣言でしたが再び発令され、まだまだ落ち着かない日々が続いております。

 中止にするのは簡単ですが、この大事な幼児期になんとか工夫して子どもたちに安全に体験保育をさせてあげられないかと日々考えております。

手洗い、アルコール消毒、うがい、体温チェック、換気、マスク(保育中お子さんはマスクを外します)

は当然のこと、CO2ロギングメーターの設置等の工夫して行事計画を立てております。

とは言え、状況によっては中止せざるを得ない場合もあります。

  お子さまの健康を第一に考えコロナと向き合っていきたいと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。


二酸化炭素二測定器『CO2ロギングメーター』を導入し子どもちと常に換気を意識した保育を行ってます。